ストレスチェック義務化対応 こころ塾のストレスチェック

ストレスチェック義務化対応 こころ塾のストレスチェック

こころ塾が選ばれる理由がここにある

こころ塾では職場の課題が浮かび上がる詳細な集団分析をご提供しています。
集団分析は職場環境改善のためのヒントが詰まっています。「集団分析は努力義務だから…」ではもったいない!
「ストレスチェックの集団分析をいかに活用していけるのか?」は、社運をかけた最大のミッションと言えるでしょう。

ストレスチェックとは

平成27年12月1日より、労働安全衛生法の改正によるストレスチェック制度の実施が義務化されました。この制度は、労働者のストレス程度を把握し、労働者自身のストレスへの気付きを促すとともに、職場改善につなげ、働きやすい職場づくりを進めることによって労働者がメンタル不調になる事を未然に防止することを主な目的としたものです。

義務化に対応したストレスチェックを実施するにあたって、事前に事業者の方針決定や衛生委員会でルール・運営方法を詳細に決定することが必要になります。ストレスチェックご担当者様の作業負担を軽減するために、実務経験豊富なこころ塾が全面的にバックアップさせていただきますので安心してご依頼下さい。

NPO法人こころ塾は労働安全衛生法に基づくストレスチェックの外部委託機関としての条件を満たしています。
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム

お問い合わせフォーム

こころ塾ストレスチェックの特徴

こころ塾は、義務化決定以前からストレスチェックの外部委託を受けており、豊富な実績があります。
実施に向けた社内の体制作りからアフターフォローまでしっかり対応します。

個人レポート

個人レポート

  • ・一人ひとりのストレス傾向を詳しく解説したレポートをお届けします。
  • ・レポートは密封した状態で返却するので、第三者の目に触れることはありません。

グループレポート

グループレポート

  • ・部署別・年代別等、ご希望のグループ毎にレポートを作成します。
    (分析データの信頼性や個人の特定を防ぐため10人以上のグループを推奨します。)
  • ・職場全体のストレス傾向を分析・解説します。

アフターフォロー

アフターフォロー

  • ・産業医との連携をお手伝いします。
  • ・相談窓口の設置と保健指導を実施します。
    (保健師等、有資格者が対象者向けのアセスメントを実施します。)
  • ・環境改善に向けたメンタルヘルス対策をご提案します。

こころ塾ストレスチェック導入の流れ

お問い合わせ
サービス内容やスケジュール、料金などについてご説明します。
打合せ・お申し込み
対象人数と内容にあわせてお見積します。
実施計画作成などもお手伝いします。
説明・導入
スムーズで効果的な導入のための全体セミナー、管理職セミナーを実施します。
ストレスチェックの実施
調査票によるストレスチェックを実施します。
分析・レポート作成
個人レポート、職場分析レポートをお届けします。
結果報告
実施結果をもとに以下を行います。
①個人面談の実施 ②環境改善の提案
相談窓口設置
ストレス軽減に活用いただける相談窓口を設置します。

こころ塾ストレスチェック導入費用

基本料金(消費税別途)

初期導入費 ¥30,000〜

プランニング/導入に係るコンサルテーション

全体実施費 ¥45,000〜

産業医との連携/データ保存(5年間保存)
各種書類作成補助/集団分析(1件)

+

対象者数×¥500

オプション(費用は別途相談)
  • ・相談窓口の設置
  • ・セミナー実施(啓発教育)
  • ・啓発情報資料の提供
  • ・職場環境のメンタルヘルス対策
  • ・高ストレス者に向けたアセスメント及び面談
ストレスチェック導入費用シミュレーション
初期導入費(初回のみ) 30,000円
全体実施費 100人未満45,000円、以後100人ごとに15,000円の追加となります
個別受験費500円/受験者 受験者数  人
相談窓口設置(3ヶ月)
導入セミナー(60分)





導入費用の合計 合計金額  円  
お客様の声
社会福祉法人愛隣園 
高齢者総合福祉施設ガリラヤ荘

施設長 丹 紀代氏

「今までの職場づくりの取組みが間違っていなかったと確認できました。春に開所する新施設の体制づくりも安心して進められる」と未来を見つめる。
集団分析は「客観的に評価をする良い機会になった」と言う。『技能の活用度』『働きがい』『上司のサポート』があると答えた職員が多く、対人関係や職場環境によるストレスは低めで、受け入れ体制が良いということが見えた。また『仕事の負担(質)』は高めだったが、介護は人の命に向き合う仕事だという重みや自覚を皆が持っている現れだろうと受けとめる。
5年前『働きやすい職場づくり』を掲げ、職場改善の取組みをスタート。上司による面談、給与の見直し、研修体制の充実など取組み内容は幅広い。中でもH28年度リフレッシュ休暇については福祉現場では異例の連続7日間取得を可能にした。また従業員支援としてこころ塾の相談窓口を設置。第三者による相談は管理者・職員共にその効果は大きかった。
今回の結果は「責任や大変さがあっても『働きやすい』『やりがいがある』と感じられる職場を目指そう」と一丸となって一歩ずつ進んできた証だと考える。毎年良くなる結果を楽しみに取組みは続く。


四国医療サービス株式会社 
愛媛基準寝具事業所

課長 栗村 雄祐氏

「従業員が『自分たちが大切にされている』と感じられる取組みをしたいという会社の思いとストレスチェックはマッチした」と振り返る。
「やるからには会社の投資として捉え成果が返ってくる実施を」と5年先まで見据えた運用計画を作成。情報等サポートを受けて全体を組み細部を考える時間を取った。初年度は従業員への浸透を重視し『導入セミナー』を実施、管理職には受講を必須とした。また、産業医との打ち合わせでは互いの役割を整理し良い協力体制が築けた。
準備と周知の徹底で、回答率や実施への信頼が上がり、集団分析の結果がリアルなものになった。「こころ塾独自の追加分析により部署ごとの特徴がはっきり出たので、職場の課題や労務の問題と分析結果との関連性も見えた。メンタル不調の未然防止や職場改善に向けた優先課題の確認につながった」と振り返る。
「従業員が自分事として受けとめて実施していけるように、今後の取組みを具体化していく。社会で働く以上ストレスはあるものだが、自分から辛さを言えて、同僚、上司そして会社が一緒に受け止めサポートできる関係を育てていきたい」と展望を語った。

よくあるご質問

Q1.ストレスチェックを事業場内で実施するにあたって、どのくらいの期間がかかりますか。
A1.初めてストレスチェックを実施する場合、体制づくりのための期間は3か月程度かかります。

その後、調査票配布から事後措置実施までの期間はおよそ4か月以内が目安になります。

内訳
1.
調査票の配布準備
1週間
2.
調査票の配布から回収まで
1から2週間
3.
従業員への結果通知
概ね1か月以内
4.
従業員による面接指導の申し出
概ね1か月以内
5.
医師による面接指導の実施
概ね1か月以内
Q2.実施に向けた事業場内の体制づくりについて教えてください。
A2.まず事業者が法や規則に基づきストレスチェックに関する基本方針を事業場内で表明します。その後、衛生委員会等においてストレスチェック制度の実施についての調査審議を行います。審議すべき事項としては、
  • ①実施体制
    実務担当者、実施者(産業医、保健師等)、実施事務従事者(産業保健スタッフ、事務職員等)、面接指導を担当する医師の選任
  • ②実施方法
    高ストレス者を選定する基準、集団分析の方法、面接指導の実施方法
  • ③その他
    従業員への周知方法、情報の取り扱い方法、不利益取り扱いの有無等についての検討など計11項目が必要になります。
    こころ塾では、実務担当者、衛生委員会等が円滑にストレスチェックを実施できるように実施計画作成補助など全面的にフォローします。
Q3.個人情報の保護について対策はなされていますか。
A3.個人情報や実施結果等の管理は、ネットワークに接続しないシステム上で行います。外部からのアクセスはありません。
セキュリティ担当者を選任し、第三者に閲覧できないように管理します。
ストレスチェックの個人結果、アセスメントおよび面談により知りえた情報等は、本人の同意がない限り、第三者に提供する事はありません。

ストレスチェックに対する最新の情報は、厚生労働省の『こころの耳』でご確認ください。こころの耳

お問い合わせフォーム

お問い合わせフォーム